手紙〜本当の気持ち?〜(渋谷2019)

| 日程・会場 | ストーリー | イントロダクション | キャスト&スタッフ | 楽曲紹介  |
| 2016ドキュメンタリー | 2015ドキュメンタリー | 応援のお願い |

公演終了いたしました ありがとうございました!

ご協力お願いいたします!

本番_181111_0013

本番_181111_0004 本番_181111_0005 本番_181111_0007 本番_181111_0008 本番_181111_0009 本番_181111_0010

星空コーラス隊 大募集(終了しました)

満点の星空のもと、こどもたちと演出家 渋谷真紀子と作曲家 ジェニングス貴子がつくったオリジナル曲をコーラスで歌いませんか?

練習日程

10/7(日)10:00-12:00 地域センター代々木の杜
10/21(日)10:00-12:00 地域センター代々木の杜
10/28(日)10:00-12:00 レコーディング 13:00-15:00 オリンピックセンター
11/3(土)13:00-15:00地域センター代々木の杜
11/4(日)10:00-12:00 コスモプラネタリウム渋谷+地域センター代々木の杜
11/9(金)19:00-20:30 コスモプラネタリウム渋谷
参加費:10,000円(本番Tシャツ含む)

公演日程・アクセス

公演日程

2019年10月27日(日)
16:00 完売御礼・当日券取り扱いなし
18:00 追加公演

開場は開演の20分前です。上演時間は約60分です(休憩なし)。0歳児よりご覧いただけます。


owada_MAP

会場・アクセス

角筈区民ホール  (新宿区西新宿4-33-7)
バス:WEバス(旧新都心循環バス)新宿駅西口京王デパート前21番バスのりば
「パークハイアット東京前」下車
京王バス 新宿駅西口京王デパート前20番バスのりば
中野行 または 中野車庫行「十二社池の上」下車
地下鉄:京王線 「初台」東口より徒歩10分
都営大江戸線「都庁前」A5出口より徒歩10分

一般発売 2019年9月27日(土)10:00-

メールにてご注文:littlemusical2013(あっとまーく)gmail.com まで①開演時間②枚数(おとな・こども)別③お名前④連絡先を明記の上、送信ください。

1席あたりの舞台制作協力費
全席指定 高校生以上 2000円 中学生以下 1000円

 保護者様のお膝の上で観劇が可能なお子様の場合席の確保は必要ございません。
企画・主催:リトル・ミュージカル
助成:子どもゆめ基金[独立行政法人国立青少年教育振興機構]
《こどもが創り演じるミュージカル公演 渋谷》
後援:渋谷区教育委員会

ほんとうは・・・言いたくても言えない本当の気持ち

スクリーンショット 2018-09-05 13.08.54ほんとは、あの子のこと好きなのに言えない。
ほんとは、アイツの取り巻きなんかしたくない。
ほんとの自分?見せることなんてムリムリ!
本当の気持ちを言うことってそんなに大切なこと?

わたしがわたしであること、あなたがあなたであることを受け入れる

代表 大嶋奈緒美

何か書きませんか?奈緒美さん。

2018_08_29_180829_0002
2018_08_29_180829_0001
unnamed
 
2018_08_29_180829_0005
2018_08_29_180829_0004
2018_08_29_180829_0003
2018_08_29_180829_0006
スクリーンショット 2018-09-05 12.51.13
スクリーンショット 2018-09-05 12.50.56

 

 

 

 

キャスト&スタッフ

キャスト
渋谷リトル・ミュージカルcastshibuya2019

スクリーンショット 2018-09-05 12.37.20

スタッフ
上演台本:渋谷リトル・ミュージカル出演者
演出:大嶋奈緒美 音楽 ジェニングス貴子

振付:大川美奈子 創作指導:村松裕子 音楽アシスタント:宮ヶ原千絵
指導アシスタント:中村つむぎ・赤池陽海・石川侑奈・森山蓉子
音響:塩原良卓 照明:有限会社パレード

プロデュース:リトル・ミュージカル

「手紙〜本当の気持ち?」 オリジナル楽曲紹介

 

015年オリジナルミュージカル「星空カプセル」密着ドキュメンタリー

スクリーンショット 2016-06-11 18.46.01

「クリエイティブドラマの手法」×「音楽の効果」。こどもたちの心の開放と内側の充実、そして創造性を大切にする教育メソッド。いま、リトル・ミュージカルではこのメソッドを「クリエイティブ・ミュージカル」と称し、ひとつの形にしようとしています。とにかくこどもたちのエネルギーが前に出ます。調べきれていませんが、こんなこどもたちとのミュージカルは、世界でも類をみないのではないかと思います。

それが始まったのが、リトル・ミュージカル旗揚げから3年目の2015年。「クリエイティブドラマ」の手法を使って、こどもたちの持ち味を活かした数々の作品を生み出してきた気鋭の演出家・村松裕子とタッグを組みました。こどもたちのたくさんの可能性が開けただけでなく、重層的な舞台作品ができあがりました。「こどもの内側の充実を社会で見守る」リトル・ミュージカルの使命でありビジョン。「他でもないこどもたちの想い」と語り合う上で、必然的に必要なひとと出会っていったのです。「事実は小説よりも奇なり」舞台の裏側の、いや舞台が始まる前のストーリー。ぜひご覧ください。

こどもたちの「内側の充実」「創造性」を守るご支援をお願いします。

こどもたちを巡る現状課題。恵まれたこどもたちであっても、そうでなくても、こどもたちは小さな心に感情をいっぱいにして過ごしています。愛情が注がれていても、上手く繋がらない場合だってあるのです。だからこそ、自分の思いをぶつけて、発散して、一緒になって創っていくこの場所が意味があると思えるのです。特に、経済的に恵まれない状況にあるこどもたちはなおさらです。だからこそ、誰もが気軽に参加できる体制を。

そのように活動しています。ぜひ、応援をお願いいたします。