9月に迫ってきましたリトル・ミュージカル公演創作レポート!

13054375_935999856519119_1879304443_o
稽古日記 6月1日 板橋編 (報告:村松裕子)
キャスト発表が終わり、今日からいよいよ本格的な創作スタート。
みんなで、おにぎりに変身したり、おにぎりのセリフを考えたりするアップをしたあと、
子どもたちそれぞれの役についての創作スタート。
こちらも気合いを入れて、取り組みまっせ―。
どんな性格?年齢は?家族構成は?何が得意?
から始まり、
不思議な島で生息しているハートガラポンたちは、
どんな時に生まれたの?
ツインバードって飛ぶの?何してるの?
などなど。
一つの部屋で25名が、あれこれ創作をし始めると、
ほんと部屋の中はすごい熱気に包まれていました。
あるグループでは。
一人の子のアイディアを、立体的に創作していこうとしていたとき、
誰がどの役をやるか、で話し合いが。(小学1年生~3年生のチーム)
1「私のアイディアだから、この役は私がやる。」
2「ううん、私もその役やりたい」
1「どうしよっか・・」
3「二人でやれば?」
2「私一人がいい」
4「アイディアを出した1ちゃんがやった方いいと思う」
1「じゃ、2ちゃんのアイディアの時は、2ちゃんがやりたい役をするのはどう?」
3「そうだね、そうしたら?2ちゃん?」
 しばし考える2ちゃん
私「どうしようね。みんなで創るの難しいかな」
1「みんなでじゃないと、できない」
2「じゃ、私、○○(違う役)やる」
1「2ちゃんのアイディアの時は、自分の好きな役をやってね」
2「うん」
こんなことが、繰り返し行われている現場です。
物語の大筋は決まってきたけど、
中身はまだまだこれから子どもたちと創っていきます。
先はまだまだ長いですよー。
次回の稽古場でまたお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です