星空カプセル(2015)

ミュージカル「星空カプセル」2015年8月30日初演:オリンピックセンター小ホール(全2回) 

※2018年再演決定

_DSC9824lm144lm125lm064lm122lm132lm112lm068lm058lm072lm120lm127lm076lm081lm022lm108lm104

ダンス部不動のセンター長女はるが卒業して、自信のない次女なつが騒動に巻き込まれて・・・

4姉妹の次女なつは、他の3人の姉妹に比べて地味で目立たない。4姉妹の長女はるが、星空学園名物のダンス部の部長でセンターを退いたあと、学園では次のセンターが誰かの話題で持ち切り。なつは、はるの妹というだけで騒動に巻き込まれてしまう。謎の転校生、星野がやってきて、なつの心の中にある「ダンスやってみたい」気持ちを言い当てる。強引な星野になつは嫌悪感を示しながらも、なつは気持ちに正直になり、ダンス部に入部することを決める。

2分の1成人式での新生ダンス部のお披露目で、いきなりセンターの座を勝ち取ったなつ。次期センター大本命だったアズたちは、ダンス部をやめると言い出す。クラスメイトの助けを借りながら成長したなつは、諦めずに2分の1成人式の式典の当日を迎える。なつたちがそれぞれの夢を語っているその時、UFOがやってくる。宇宙からの遣いは、アズのやる気エネルギーがある星のために必要だと言うのだ。なつは精一杯の自分の思いをアズに伝え、アズはなつの言葉でセンターの意味「みんなをやる気にさせる存在」だと気付かされる。星野は、成長したなつの姿を見て、自分の星に帰る。なつは星野に、大切な言葉「ありがとう」を最後に伝えて。

オリジナル楽曲「星空ワンダーランド」「星空カプセル」「人生バラ色」「クイーン オブ ダンス」「きっと拍手がなりやまない」

アイデア・台詞:リトル・ミュージカル団員 原案・作詞・作曲・振付:石垣清香  上演台本・演出:村松裕子 編曲:長谷川智也