魔女伝説 レインボウ・マジック(渋谷2017)

19415932_1698328723528808_1012666739_n

| 日程・会場 | ストーリー | イントロダクション | キャスト&スタッフ | 楽曲紹介  |
| 2016ドキュメンタリー | 2015ドキュメンタリー | 応援のお願い |

公演日程・アクセス

今度のリトルは魔法学校が舞台。
魔法使いたちにも、一人前になるまでにさまざまなドラマがあるのです・・・

公演日程

2017年8月19日(土)開演18:30

開場は開演の30分前です。上演時間は約75分です。0歳児よりご覧いただけます。


owada_MAP

会場・アクセス

渋谷文化総合センター大和田 4階 さくらホール  (渋谷区桜丘町23-21)
アクセス1(徒歩にて)渋谷駅から徒歩5分
アクセス2(バスにて)
大和田シャトル(ハチ公口-文化総合センター大和田)直行バス / ハチ公バス(夕やけこやけルート)コミュニティバス
※どちらもバス停「渋谷駅ハチ公口」から乗車、次のバス停「文化総合センター大和田」下車。

※文化総合センター大和田には専用駐車場はございません。お車でお越しのお客様は周辺の一般コインパーキングをご利用ください。

(カンフェティのページへ)

一般発売 2017年6月25日(日)10:00より

Confetti(カンフェティ)
0120-240-540*通話料無料・オペレーター対応
(受付時間 平日10:00~18:00)

1席あたりの舞台制作協力費
指定席2000円 自由席 おとな1800円 こども800円( 中学生まで)

 保護者様のお膝の上で観劇が可能なお子様の場合席の確保は必要ございません。
(1枚当たり218円手数料等かかります(サービス利用料108円+発券手数料108円)
企画・主催:[非営利型]一般社団法人リトル・ミュージカル
助成:子どもゆめ基金[独立行政法人国立青少年教育振興機構]
《こどもが創り演じるオリジナルミュージカル公演 渋谷》
後援:渋谷区教育委員会

「魔女伝説 レインボウ・マジック」あらすじ

「世界は魔法で支えられている」

人間の力になる魔術を考えるのが日課。
見習い魔法使いたちはと日夜修行に励んでいる。

実は、人間にやる気を持ち続けさせるのは魔女たちの力。
寝てしまえばいやなことを忘れてしまうでしょ?
人間は知らない、魔法使いたちの仕業。これ、世界の法則。

魔法界には、一人前の魔女になるために奇妙な訓練がある。
ちょっとゆるいマホウノカミ3姉妹が魔法使い見習いたちを見守っている。

魔法の創り過ぎや無駄な魔法の使い過ぎを管理する魔法管理委員会たちや
見張り番のツインズバードたちの目をぬすみながら、
魔法学校の4年生の見習い魔女たちは魔法を出してどんちゃん騒ぎ!

最高学年7年生の魔女たちは、13歳の誕生日に正式魔女となる。
「ねえ知ってる?魔女と人間が恋に落ちた話」
叶うはずもない禁断の恋。助けたい、あの人のこと。

個人的な理由で魔法を使ってはいけない。
ルールをやぶった魔法大好き魔女の運命は!?
マホウノカミと人間界の重大な秘密が明らかになるとき、奇跡が起きる!

魔女伝説 レインボウ・マジック! いったいなに!?

こどもたちの個性と発想、そして発するコトバをつむいだ「世界でたった一つ」の物語。

代表プロデューサー/作・演出 石垣清香

創る・歌う・踊る・演じるをこどもがせんぶやる! だからこそ、世界に発信できる。

13321917_1047985725281397_838352042051546136_n台詞や芝居だけでなく、歌もダンスもこどもたちと一緒に創る。

練習室の外でも、いっぱい話をして、時間を過ごして。

こどもたち自身のリアルとファンタジー。どちらが本当か。

こどもたちの「やりたい」気持ちはどこに潜んでいるのでしょう。

無限大のやる気と無限大に広がる「マイワールド」

成長がそれを邪魔することもある。

与えられて伸びるタイプ、内側の創造力を開花させるタイプ。

それぞれの持ち味を最大限に活かすのが、リトル・ミュージカル。

「あてがき」も「あてうた」も超えたミュージカル。

13051683_1020485844698052_6002764572946709650_nどんなこどもたちにも、葛藤があります。

「自分のことに気付いてほしい」のです。

創作や稽古を繰り返していく中、

「本当に安心できる・信頼できる人がいる場所」を見つけると、

驚くべき発想力とパフォーマンスをみせます。

作品は「ありえないファンタジー」の中に「リアリティ」を。

100年後にも語られるくらいの熱狂を。ここ、2016年を生きるこどもたちと。

キャスト&スタッフ

キャスト
渋谷リトル・ミュージカル+公募メンバー
板橋リトル・ミュージカル(友情出演)

スタッフ
作:渋谷リトル・ミュージカル
上演台本・演出・音楽:石垣清香
演出監修:村松裕子
演出・演技指導:シーズン野田
台本演出協力:大森信之
照明:有限会社パレード 音響:塩原良卓・郡司和博 舞台監督・演出アドバイザリー:中西隆雄
ステージング・歌唱指導・タップ指導:大嶋奈緒美 ダンス指導・動作指導:藤田愛可・小鍛治由佳
衣装:鈴木美津子  制作:大森信之・小鍛治由佳・笠間悠香 デザイン:榎田陽香

「魔女伝説 レインボウ・マジック」 オリジナル楽曲紹介

今年も、こどもたちとたっぷり、創作&代表と一緒につくってきました。

(1部)
M1 魔法天国
M2 わたしたち最高学年
M3 マホウノカミ3姉妹
M4 レインボウダンス
M5 Over the magic ジュニア・ユースver

(2部)
M6 Over the magic
M7 ロマンチスト
M8 魔女儀式
M9 ハッピーバースデイ 13歳
M10 マジック イズ ビューティフル
M11 たんぽぽの気持ち
M12 はじめての恋?
M13 あらがえない運命
M14 like a rainbow
M15 ミュージカルレビュー
M16 ムダムダムダ!
M17 虹の涙
M18 魔法フェス コーラス
M19 Over the magic エンディングver

音源もこれから公開していきます。

 

015年オリジナルミュージカル「星空カプセル」密着ドキュメンタリー

スクリーンショット 2016-06-11 18.46.01

「クリエイティブドラマの手法」×「音楽の効果」。こどもたちの心の開放と内側の充実、そして創造性を大切にする教育メソッド。いま、リトル・ミュージカルではこのメソッドを「クリエイティブ・ミュージカル」と称し、ひとつの形にしようとしています。とにかくこどもたちのエネルギーが前に出ます。調べきれていませんが、こんなこどもたちとのミュージカルは、世界でも類をみないのではないかと思います。

それが始まったのが、リトル・ミュージカル旗揚げから3年目の2015年。「クリエイティブドラマ」の手法を使って、こどもたちの持ち味を活かした数々の作品を生み出してきた気鋭の演出家・村松裕子とタッグを組みました。こどもたちのたくさんの可能性が開けただけでなく、重層的な舞台作品ができあがりました。「こどもの内側の充実を社会で見守る」リトル・ミュージカルの使命でありビジョン。「他でもないこどもたちの想い」と語り合う上で、必然的に必要なひとと出会っていったのです。「事実は小説よりも奇なり」舞台の裏側の、いや舞台が始まる前のストーリー。ぜひご覧ください。

こどもたちの「内側の充実」「創造性」を守るご支援をお願いします。

こどもたちを巡る現状課題。恵まれたこどもたちであっても、そうでなくても、こどもたちは小さな心に感情をいっぱいにして過ごしています。愛情が注がれていても、上手く繋がらない場合だってあるのです。だからこそ、自分の思いをぶつけて、発散して、一緒になって創っていくこの場所が意味があると思えるのです。特に、経済的に恵まれない状況にあるこどもたちはなおさらです。だからこそ、誰もが気軽に参加できる体制を。

そのように活動しています。ぜひ、応援をお願いいたします。

2016年応援してくださっている方々 (順不同)

応援コメントをいただいております!

工事中