Mirror & Me(ミラーアンドミー)(板橋2018)

Mirror-&MeWEB

| 日程・会場 | ストーリー | イントロダクション | キャスト&スタッフ | 楽曲紹介  |
| 2016ドキュメンタリー | 2015ドキュメンタリー | 応援のお願い |

公演日程・アクセス

公演日程

2018年11月23日(金・祝)昼の部15:00 / 夜の部18:00  

開場は開演の30分前です。0歳児よりご覧いただけます。


map

会場・アクセス

板橋区立文化会館 小ホール 
(東京都板橋区大山町  51 -1 )

東武東上線「大山」駅 北口から 徒歩約3分
都営三田線「板橋区役所前」駅 A3出口から徒歩約7分

※一般来場者の駐車スペースはありませんので、
公共交通機関をご利用ください。

 

一般発売 2018年9月16日(日)10:00-

Yahoo!パスマーケットサイトへ移動します。

メールにてご注文:info@littlemusical.com まで①開演時間②枚数(おとな・こども)別③お名前④連絡先を明記の上、送信ください。

1席あたりの舞台制作協力費
指定席2000円 自由席 高校生以上1800円 中学生以下800円( 中学生まで)

 保護者様のお膝の上で観劇が可能なお子様の場合席の確保は必要ございません。
企画・主催:[非営利型]一般社団法人リトル・ミュージカル
共催:板橋区立文化会館指定管理者
助成:子どもゆめ基金[独立行政法人国立青少年教育振興機構]
《こどもが創り演じるオリジナルミュージカル公演 板橋》

「惑星ファンタジー」あらすじ

まだまだ創作中!

 

何が見える?

板橋リトル・ミュージカル創作・演出チーム

とにかく元気な板橋のこどもたち
大きな商店街があり、人情を感じられる街に育っている
そのリトル板橋の子どもたちが、今回創作するテーマは、「かがみ」
見えるもの、見えないもの、見せているもの、見せていないもの
どれが本当?どれもうそ?

———-
教えてよ、かがみさん。
本当の姿ってなんだろう・・・
わからなくなっちゃうんだぁ
かがみの世界に、真実があるのかなぁ

———-
理想の姿を追い求め、現実の自分に戸惑いながら、子どもたちが織り成します。
ちょっと不思議な物語。

timeline_20180906_215951_0
timeline_20180906_215949
timeline_20180908_215147
timeline_20180906_215946_0
timeline_20180906_215944
timeline_20180908_215144
timeline_20180906_215941
timeline_20180906_215951
timeline_20180908_215144_0
timeline_20180906_215946
timeline_20180906_215945

 

キャスト&スタッフ

キャスト
板橋リトル・ミュージカル

スタッフ
作:板橋リトル・ミュージカル
上演台本・演出:村松裕子 演出・振付:大川美奈子・森山蓉子・行方太一 音楽:ジェニングス貴子・石垣清香

歌唱指導:大嶋奈緒美 歌唱指導アシスタント:赤池陽海
照明:Lighting Union 音響:塩原良卓 舞台監督:竹内義人 TAP指導・振付:大嶋奈緒美
プロデュース・制作:石垣清香

「Mirror & Me」 オリジナル楽曲紹介

015年オリジナルミュージカル「星空カプセル」密着ドキュメンタリー

スクリーンショット 2016-06-11 18.46.01

「クリエイティブドラマの手法」×「音楽の効果」。こどもたちの心の開放と内側の充実、そして創造性を大切にする教育メソッド。いま、リトル・ミュージカルではこのメソッドを「クリエイティブ・ミュージカル」と称し、ひとつの形にしようとしています。とにかくこどもたちのエネルギーが前に出ます。調べきれていませんが、こんなこどもたちとのミュージカルは、世界でも類をみないのではないかと思います。

それが始まったのが、リトル・ミュージカル旗揚げから3年目の2015年。「クリエイティブドラマ」の手法を使って、こどもたちの持ち味を活かした数々の作品を生み出してきた気鋭の演出家・村松裕子とタッグを組みました。こどもたちのたくさんの可能性が開けただけでなく、重層的な舞台作品ができあがりました。「こどもの内側の充実を社会で見守る」リトル・ミュージカルの使命でありビジョン。「他でもないこどもたちの想い」と語り合う上で、必然的に必要なひとと出会っていったのです。「事実は小説よりも奇なり」舞台の裏側の、いや舞台が始まる前のストーリー。ぜひご覧ください。

こどもたちの「内側の充実」「創造性」を守るご支援をお願いします。

こどもたちを巡る現状課題。恵まれたこどもたちであっても、そうでなくても、こどもたちは小さな心に感情をいっぱいにして過ごしています。愛情が注がれていても、上手く繋がらない場合だってあるのです。だからこそ、自分の思いをぶつけて、発散して、一緒になって創っていくこの場所が意味があると思えるのです。特に、経済的に恵まれない状況にあるこどもたちはなおさらです。だからこそ、誰もが気軽に参加できる体制を。

そのように活動しています。ぜひ、応援をお願いいたします。

応援メニューを見る[/btn